医療脱毛を受けるのであれば全身医療脱毛のメリットが多い | 医療脱毛おすすめランキング

alt_02

医療脱毛を受けるのであれば全身医療脱毛のメリットが多い

女性はどうしても男性より清潔さや美しさに対する視線が厳しくなりますから、薄着になる季節は特に女性にとってムダ毛処理が必須と言えます。
ただ、自己処理だとカミソリ負けなどの肌トラブルが起こるケースも多いため、サロンやクリニックで脱毛のプロに任せるという女性が増えていますが、医療脱毛だと高い脱毛効果は得られても、痛みや料金が気になってなかなか踏み切れないという人も多いかもしれません。
しかし、医療脱毛を受けるのであれば想像以上に全身医療脱毛のメリットは多いと感じられると思います。

医療脱毛とサロンで受ける脱毛の違い

脱毛の施術はサロンでも受けられますが、医療機関で受けられる医療脱毛との違いとしては、まず「脱毛の確実性」と「安全性」が挙げられます。
クリニックでは医療行為が許されているため高出力の照射が可能であり、毛乳頭や毛母細胞を破壊して永久脱毛効果を得る事が可能ですし、施術時間も短く脱毛が完了する前までの期間もサロンと比べて早いです。
また、医療脱毛の場合、医師がアフターケアまで担当してくれますし、万が一、肌トラブルが生じた場合も適切な処置が受けられるので、安全性の面でサロンより劣る事はありません。

医療脱毛で心配な点

医療脱毛は痛みに関してサロンよりも多少は痛みを感じる事が多いかもしれませんが、塗るタイプの麻酔で痛みを軽減するための工夫をしているクリニックがほとんどですし、我慢できないほどの痛みではないのでそこまで問題視する事はありません。
また、料金に関しては保険が適用されないため、サロンよりも高くなる事が多いですが、脱毛完了するまでの期間がサロンと比べて短いため、個人差はありますが、トータルするとサロンとそれほど料金に差が出ないケースも多いです。

全身医療脱毛のメリットについて

全身医療脱毛のメリットは脱毛が完了すると全身のムダ毛の処理が必要なくなるのはもちろんですし、全身の肌を同時に綺麗にする事ができる良さもあります。
また、ムダ毛の質によっては回数が増える事もありますが、大体どのパーツでも5・6回の施術で脱毛完了しますし、毛根を破壊する事で毛穴が引き締まって美肌効果やワキガに対する効果なども期待できます。
特に波長の長い光を使ったダイオードレーザーは痛みも少なく産毛の処理も可能なので、医療全身脱毛で痛みを少なく仕上がりを綺麗にしたい人にピッタリです。
ただ、全身医療脱毛は顔脱毛・VIO脱毛の有無などで値段も変わってくるので、自分が脱毛したい範囲を考えて医療脱毛を受ける前にその点のチェックは必要です。

まとめ

全身医療脱毛はサロンよりも短期間で全身の永久脱毛が可能ですし、脱毛効果や安全性においてサロンに劣る事はなく、美肌効果やワキガへの効果も望める施術です。
痛みを軽減する工夫も行われていますし、料金もトータルで考えるとサロンとの差は大きくないのでメリットが多いと言えます。

TOP