医療脱毛の痛さと医療脱毛の快適さ | 医療脱毛おすすめランキング

alt_02

医療脱毛の痛さと医療脱毛の快適さ

美容外科や美容皮膚科などで提供をしてる医療脱毛には興味を抱くものの、医療脱毛の痛さを不安に思う人は少なくありません。メディアなどの影響もあり、病院での脱毛は痛いという固定観念が、日本人にはしっかりと植えつけられています。

医療脱毛の痛さのリアル

実際の医療脱毛の施術は、出力の高いマシンを使用できることもあって、施術時にはある程度の刺激を感じることは否めません。よくある表現の方法としては、輪ゴムで皮膚を弾いたような刺激というのがありますが、これはエステ脱毛にも使われる表現方法です。エステ脱毛が細い輪ゴムで軽く弾くレベルだとすれば、クリニックでの医療脱毛は、太いゴムを皮膚に向かって弾くような感触でしょう。エステ脱毛と比べたら、やはり医療レーザーの方が刺激は強いのです。しかし我慢ができない痛みのレベルではなく、全身のパーツによっても痛みを感じるレベルは変わってきます。

全身の医療脱毛の痛さの違い

医療脱毛は全身の施術が全て、強い痛みになるわけではありません。全身の皮膚は繋がってはいますが、パーツによって薄い箇所もあれば、厚いパーツもあります。刺激を感じやすいところもあれば、割と平気な箇所も存在をしています。医療レーザーでの施術をした際に、皮膚に刺激を感じやすいのは、皮膚の薄さと皮膚の色素の濃いパーツも、そうした部位に入ります。その代表的なパーツといえば、近年とても脱毛人気が急上昇をしてる、VIOのデリケートゾーンのパーツです。皮膚は色素沈着をしていて黒いですし、皮膚は薄い上に粘膜もすぐそこですので、刺激を感じやすいです。

医療脱毛の痛さは軽減可能

確かにエステ脱毛と比べたら、強いパワーが使える医療脱毛は、お手入れ時の痛みは感じやすい方です。しかし病院という機関を最大限に利用できますので、医療脱毛の痛みは麻酔での対処も可能です。メジャーなのは塗るタイプのクリーム麻酔であり、クリニックでの施術前に、30分くらい塗ることで感覚が麻痺しますので、施術時の痛みはかなり少なくなります。クリニックによっては鼻からの利用ができる、笑気麻酔で脱毛時の痛み軽減をすることもあります。

まとめ

医療脱毛の痛さは決して弱いとは言えませんが、医療脱毛は麻酔を利用できるので、それほど痛みに不安をもつ必要はありません。最新式の医療脱毛のマシンなどは、既に冷却装置を搭載しているタイプも登場している為、従来よりもかなり医療脱毛の痛みは軽減されるようになっています。

TOP