医療脱毛はどのくらいの間隔で通うかについて | 医療脱毛おすすめランキング

alt_02

医療脱毛はどのくらいの間隔で通うかについて

医療脱毛の施術を効率よく受けるためには、どのくらいの間隔で通うかが大切になります。
いくら施術回数を多くしても、ちゃんとした間隔を空けないと決して安いわけではない医療脱毛の施術料金がムダに消化されてしまいます。
ここでは、効率的に医療脱毛の施術と次の施術の間にどのくらいの間隔を空けてクリニックに通うかについて考えます。

医療レーザー脱毛の仕組みについて

脱毛をどのくらいの間隔を空けて通うかについては、まずは医療レーザー脱毛の仕組みを知っておく必要があります。
医療レーザー脱毛は、ムダ毛の毛根に医療レーザー光線を照射すると、毛根に含まれているメラニン色素に吸収されるように波長が調整されています。
ムダ毛の毛根のメラニン色素に医療レーザー光線が吸収されると毛根が焦げるぐらいの熱が発生します。
そうすると、その熱でムダ毛を再生させる毛母細胞や毛乳頭などの組織にダメージが与えられ、次に生えてくるムダ毛は弱弱しくなっていくという仕組みで行われます。

毛周期について

医療レーザー脱毛の仕組みを考えると、毛穴にメラニン色素がないと、毛母細胞や毛乳頭などのムダ毛を再生させる組織にダメージが与えられないことになります。
毛穴にメラニン色素がある状態とは、どんな状態なのかを考えた場合、ムダ毛の毛周期について知っておく必要があります。
毛周期とはムダ毛が生えてきて抜け落ちるまでの循環のことを指しています。
毛周期にはムダ毛が生えてきて伸び続ける成長期、ムダ毛の成長が止まる退行期、ムダ毛が次に生えてくるムダ毛に押し出されるように抜け落ちる休止期というプロセスがあります。

毛穴にメラニン色素がある状態

毛穴にメラニン色素がある状態とは、ムダ毛が毛周期の成長期のプロセスに差し掛かっている状態ということができます。
ムダ毛が成長期を迎えて、毛周期が一回りして次に生えてくるムダ毛がまた成長期を迎えるまでの期間は、ムダ毛が生えてくる場所にもよりますが、早い場所の場合は一ヶ月ぐらい、遅い場所の場合は三ヶ月ぐらいかかります。
全身脱毛の施術を受ける場合は、遅い場所に合わせるほうが効率的ということになります。

まとめ

医療脱毛をどのくらいの間隔を空けてクリニックに通うかについては、全身脱毛の場合は遅い場所にあわせて、二ヶ月か三ヶ月ぐらい空けるのが効率的な脱毛を受けるために必要なことになります。
また、ムダ毛が再生する組織にダメージが与えられると毛周期が長くなってきますのでクリニックのスタッフと次に通う時期について相談するのが良い方法です。

TOP