優れた結果を出す医療脱毛と痛くない医療脱毛 | 医療脱毛おすすめランキング

alt_02

優れた結果を出す医療脱毛と痛くない医療脱毛

優秀な脱毛結果を出す医療脱毛ですが、そこまでにたどり着くには、施術の時に痛いというイメージが既に定着をしています。そんな固定観念がある中で、痛くない医療脱毛は近年利用者の心を安心させる要素になっています。

冷却システム搭載のマシンで痛くない医療脱毛

医療業界は日進月歩で進化しており、研究や開発も進められています。医療レーザー脱毛のマシンも、より高性能なマシンが登場をしており、最新のマシンでは随分と痛みの少ない脱毛を、実現するようなマシンが登場をしています。その一つが最初から冷却システムを搭載している、痛みが大幅に軽減された医療レーザー脱毛のマシンです。レーザー光を照射するときに、一緒に冷却装置が作動して、皮膚が冷たくなるようになっているために、高温になるレーザーの熱は、あまり気にならなくなります。ジェルを塗布しないタイプの冷却装置搭載のマシンは、利用者からの評判もなかなかです。

痛くない医療脱毛のために麻酔を利用

病院でできるのが医療脱毛ですので、痛いのが心配な人だったら、病院ならではの特権で麻酔を使うことが可能です。脱毛パーツにお手入れ前の、だいたい30分間のあいだ、塗るタイプの麻酔を塗っておくと、照射の時には感覚がマヒをするので、痛みは少ない状態で施術を受けることができます。病院への予約は麻酔の分だけ、早目に到着をして麻酔の時間を確保するなど、時間の配分にも気をつけましょう。痛みが強いパーツだけ、部分的に麻酔クリームを利用するなどもできます。病院によっては塗る麻酔ではなく、鼻から吸い込む笑気麻酔を使っていることもあります。笑気麻酔の場合は、塗るタイプと違って、時間をおく必要がないので楽な麻酔です。

痛くない医療脱毛のために肌には潤いを

できるだけ痛くない医療脱毛を行うためには、日頃から肌への潤いチャージを、ホームケアでしておきましょう。医療レーザーを受けた肌は乾燥をしやすくなって、お手入れしないと余計に乾くので、次のレーザー照射の時には、皮膚に感じる痛みが強くなります。反対に潤い補給のお手入れをしている肌は、医療レーザーの照射をしても、痛みを少なくすることができます。

まとめ

痛いというイメージのある医療脱毛は、病院で使用している脱毛マシンのタイプによっては、ほとんど痛くはない医療脱毛にすることも無理ではないです。それに麻酔もありますので、痛みが不安であれば、スタッフに話して麻酔を検討したらいいのです。

TOP